セミオーダー住宅を選ぶ時のポイント

費用を安く済ませることができる

セミオーダー住宅を選ぶポイントの一つとして、家自体の費用が挙げられます。家というのは一生に一度の買い物となることが多く、その金額は決して安いものではありません。費用を安く抑える方法と言えば、建売住宅を購入した方が安く済ますことが出来ます。しかし、すでに完成している家のため、決して希望に沿った家を購入できるわけではありません。
それに対して、セミオーダー住宅の場合にはある程度決められたパーツがあるので、フルオーダーと比べるとある程度制限はあるものの、好みの家を建てることが出来ます。さらに、すでにハウスメーカーによって決められたパーツの中から選ぶという事で、費用を安く抑えることが出来るというのもポイントです。

セミオーダー住宅は、ハウスメーカーによってどこまで自分で決めることが出来るかという項目が違ってきます。中には、基本的な部分は決められたパーツの中から選ぶ必要があっても、オプションとして自由に設計できるというものがあります。さらに、希望があれば決められたもの以外の中からも設計が可能な場合もあります。ただ、自由に設計できる分、どうしても費用がかさんでしまいますので、予算に合わせてハウスメーカーに相談してみましょう。

image

どの程度自由に家を設計することが出来るか


セミオーダー住宅は、一から完全に家を設計できるフルオーダー住宅と、すでに完成している住宅を購入する建売の中間でいいとこ取りの住宅ということが言えます。しかし、同じセミオーダー住宅でもハウスメーカーや扱うプランなどによって随分と違いがあります。例えば、すでにある程度完成している家の形がいくつかあって、その中から希望の形を選んで、あとはキッチンやトイレ、バスなど備え付けるものを選ぶだけというものもあります。他にも、部屋ひとつひとつの間取りや窓の位置、大きさなど細かく指定することが出来るものもあります。

家の形が決められていて備え付けるものを選ぶだけだと自由度は少なくなりますがその分設計の手間が省けます。その為、あまり面倒なところは避けてある程度自由に家を建てたいという人におすすめです。逆に間取りから決めるとなると自由度は高くなりますが設計に時間がかかりますので、セミオーダーでもある程度家にはこだわりたいという人におすすめです。費用も、自由度が高ければ高いほど高額になることが考えられます。つまり、自分がどのように家を建てたいかによって、同じセミオーダー住宅でも希望に沿ったプランを選ぶ必要があるという事です。

設計事務所が住宅展示場に出店することは資金的に難しいとされています。その結果、過去の設計監理実績はホームページに掲載する写真でPRすることになるため、プロのカメラマンを雇うことが推奨されます。