セミオーダー住宅のメリット

選択肢がある程度定められているセミオーダー住宅

注文住宅の中にも、間取りから外装、内装に至るまですべて自分たちで決められるフルオーダー住宅と、一部を自分たちで決められるセミオーダー住宅が存在しています。セミオーダー住宅のメリットを知り、これから住宅を建てる上での参考にしてください。 セミオーダー住宅は建売住宅とは違い、自分たちである程度の部分まで自由に決められるけれど、フルオーダーの注文住宅よりも制限がある住宅のことです。カスタマイズできる部分がある程度定められているため、費用を抑えられるのがメリットといえるでしょう。フルオーダー住宅の場合、特注品を利用しなければならないことも多くなるため、必然的に高くなってしまいます。しかし、セミオーダーの場合は特注品を使うことがあまり多くないため、価格を抑えやすいです。 フルオーダーのように何から何まで自由に決めるのは、建築関係に明るくない人には難しいと考える人は多いといいます。漠然としたイメージはあるけれど、具体的に説明することが難しい場合や、希望している家のイメージが多すぎて決められない場合、セミオーダー住宅がいいでしょう。自由度はあっても選択肢がある程度決まっているため、決めやすくなっているからです。

image

具体的に決められる部分と無理な部分を知っておこう


間取りや家のデザインを施主の自由に決められますが、内装や仕様、住宅設備に関してはハウスメーカー側の決めた選択肢の中から選ぶことになっているのがセミオーダー住宅です。そのため、外装や間取りにこだわりを持つ人にとっては大変便利な住宅といえます。特にバリアフリーにしたい場合や、将来変化させられる間取りにしたい場合など、独自の考えがある場合には便利です。もちろんメーカー側で納得できる品質のキッチンやバスルームといった内装部分を導入できるため、ある程度満足できるしようとなるでしょう。ただし、天井の広さを高くしたいといった希望などは受け入れられませんので、注意してください。住宅設備にこだわりのある人の場合は、フルオーダー住宅にしたほうがいいでしょう。 なお、内壁の壁紙素材などもメーカー側で決めている場合が多いです。身体に良いものを使いたいと思っている人や、身体に良いと感じられる家づくりをしたい人は、メーカーや工務店側と相談したほうがいいでしょう。用意している中にも天然素材の内装材などがあるからです。 なお、フルオーダーの注文住宅を依頼した場合、9ヶ月から12ヶ月ほど建てるまでに時間がかかりますが、セミオーダー住宅の場合、半年前後で完成することが多いため、工期を短縮できるのもメリットといえます。